うつ病は症状を理解して改善のために動くのが大切

暗い女性

RECOMMENDED

毎日の症状

男性のシルエット

うつ病の症状として、憂うつになる、気分の落ち込みといった症状があります。また、食欲がない、睡眠障害が発生する場合もあります。また、症状によっては、入院等の処置が必要になるケースもあります。

考え過ぎない

頭を抱える女性

うつ病の症状は多岐にわたっています。患者によって、人それぞれ大きな違いがあることも珍しくはありません。ですから、「ただ怠けているだけではないか」などと誤解せず患者と接しなければなりません。

改善のために動く

うつ病の症状を知る

悩む男性

うつ病は誰でもなりうる病気のひとつです。 自分には関係のない事だと思っていても、環境の変化やストレスでおこってしまいます。 気持ちが沈みがちになりますので、どんな小さな行動をするのもおっくうになりがちです。 また体の変化も出てきて頭痛や動悸や便秘などの症状が出やすくなります。 注意する点はうつ病と躁うつ病があるという事です。うつ病は落ち込んだ状態だけが繰り返されますが躁うつ病になりますと、気分が落ち込んだり上昇したりを繰り返す病気になります。 上昇した気分の時はとても元気で明るいので、周りの方も症状が良くなり病気が治ったのではないかと勘違いしてしまう危険があります。 専門の医師に正しく診察してもらわなければなりません。

食べ物で改善する

うつ病の症状が出たときには摂取したい栄養素があります。 ビタミンB群を含む食品が有効とされます。 マグロやカツオやシジミやレバーなどにたくさん含まれています。これらは脳内にある神経刺激の伝達がスムーズにしてくれる働きがあります。 その他に牛乳や肉類や魚介類や大豆などもバランスよく食べる習慣を身に付けることが大切です。 うつ病の症状の時は、食事も疎かにしがちですが、症状改善のために努力してバランス良い食事を心がけなければなりません。 しかし食べ過ぎやアルコールの取りすぎは症状を悪化させてしまう危険がありますので控えるようにしましょう。 タバコの摂取もうつ病の方は控えるようにした方が良いでしょう。 美味しい食事で気分を落ち着かせることが大切です。

New Posts

案内する看護師

発見するのが重要

うつ病が増えているのですが、現代病とも言われ問題化されています。その症状を解決できるのは、周りを取り巻く環境と本人の心がけということになろうかとされます。また、本人の取り組み方で状況が変わってきます。

叫ぶ女性

具体的な症状

うつ病はストレスや環境の変化等をきっかけに発症します。うつ病の症状は抑うつ気分や思考力と意欲の低下が精神的な症状の主なものです。朝に抑うつ気分が強く出て、夕方から改善していく日内変動もうつ病の特徴的です。

カルテをもった医師

画像検査から分かる

うつ病は様々な症状が現れるため、病気の診断が難しい場合もあります。そのような場合に役立つのが脳の画像検査です。このような検査では、脳の状態からうつ病を客観的に診断できることから現在人気を集めています。

腕を組んだ医者

体験談を聞くのも大切

うつ病は気持ちの問題ではなく脳の病気です。時には命にかかわる行動を取ることもあるため、落ち着くまでは管理下に置かれることも大切です。今は自分の心に負担のない生き方を模索中です。